mobconsa106 Life Log

チーム創設より応援している北海道コンサドーレ札幌がメインのサッカー話やゲーム(セガサターン世代)や映画なんかの話がメインとなる模様。4歳息子と2歳娘の2児の父ですが精神面は中2で止まっています。

クラブ全勢力を懸けて戦った浦和レッズ戦


f:id:mobconsa106:20170731081638j:image
 

ストック写真、ロイヤリティフリー写真、最新の報道写真 | Getty Images

さて、強豪浦和レッズを33000人の大観衆ホーム札幌ドームに迎えた北海道コンサドーレ札幌ですが、前半都倉、後半ジェイ・ボスロイドのゴールで2-0で完勝しました‼

 

 

なんて書くと苦笑してしまう訳ですが、終わってスコアだけ見れば文句のつけようが無い完勝なんですが、実際は結構ギリギリの勝利というか半分浦和の自爆だよね。

 

 

自分は千葉住みなんでダゾーン観戦。しかも当日は仕事でした。試合に合わせて休憩に入りました。

 

 

ざっくり振り返ると、

 

前半早々に札幌CB横山が怪我で交代。

 

浦和がボールを支配し攻勢に出るも、札幌はセットプレーに活路を見出す。

 

 


f:id:mobconsa106:20170731081657j:image

ストック写真、ロイヤリティフリー写真、最新の報道写真 | Getty Images

CKから都倉が槙野に競り勝ってゴール!

 

浦和CB槙野も相手ゴール前まで侵入、シュートを放つなど更に攻勢に出る。

 

浦和のボール回しの途中、都倉が槙野を進路妨害気味に止めて、もつれて両者倒れこむ。起き上がろうとした槙野の足が都倉の顔面へ。顔面を抑えて悶絶する都倉。

 

 
f:id:mobconsa106:20170731081713j:image

ストック写真、ロイヤリティフリー写真、最新の報道写真 | Getty Images

プレーは流れていたが割とわかりやすく蹴った為、すぐに札幌ドームの観衆から怒号が

飛ぶ。札幌ベンチも猛抗議。

 

 

主審は副審、第4審判を呼んで状況を確認。

 

都倉、槙野を両者を呼ぶ。

 

 

「おっ、何だよ。両者注意で終わんのか?」

 


f:id:mobconsa106:20170731081728j:image
 

ストック写真、ロイヤリティフリー写真、最新の報道写真 | Getty Images

「あれ?都倉にイエロー出たぞ。おいおい喧嘩両成敗かよ!」

 

 

からの

 

 
f:id:mobconsa106:20170731081749j:image

ストック写真、ロイヤリティフリー写真、最新の報道写真 | Getty Images

槙野にレッドカード‼

 

 

ごめん。クソワロタw

 

 

いや、槙野も内心ヤバい蹴っちゃった。俺もイエローで済むなら助かったと思ったろ。

 

まあレッドカードは妥当だよね。あれは危ないわ。

 

起き上がる時に足が当たった風にしようと思ったんだろうが、アレは明らかに蹴りに行ってるだろ。脚の軌道おかしいぞ。まあ都倉とあんだけバチバチやって競り負けてゴールされてんだからイライラする気持ちはわかるよ。

 

最初目に入ったんじゃないかと思ってマジで心配したんですが、画面で見る限り大した傷もなさそうに見えたんですが都倉の顔面はどうなってんだ?鉄仮面かよ。

 

 

そのまま前半は札幌1-0浦和で終了。

 

 

そして浦和ペトロビッチ監督、ハーフタイムに怒りの3枚替え。

ズラタン那須、宇賀神を投入。

 

 

ごめん。クソワロタw

 

 

 

いやいやいや、待てよ。落ち着けって。1点負けてて1人少ないからってのはわかるが攻めすぎだろ。札幌は空中戦・肉弾戦主体で都倉に加えてこのあとジェイ・ボスロイドも控えてんだぞ。GK西川君怪我したらどうすんの?とリアルタイムで見てて思いました。

 

 

ここで自分は休憩終了。泣く泣く仕事に戻ります。あとは隙を見てテキスト速報を確認しながらコンサの勝利を祈ります。

 

後半開始2分で那須負傷退場。

 

浦和は3枚の交代枠を使い切ったので選手交代が出来ず9人で戦うハメに。

 

 

いや、なんかもうダメな時は何やってもダメ。浦和ツキ無さ過ぎ。

 

 

 

 

そして9人の浦和に押し込まれる札幌。

 

 

 

浦和ズラタンのヘディングシュートがポストに嫌われる。

 

 

 

いやいやいや、ちょっと待てとテキスト速報とか掲示板とか見てた時は思ったんですが、後から試合の映像を確認したんですが

 

 

やっぱ浦和上手いわ。

 

 

人数減った分、運動量、ダイレクトプレーを増やして時折ドリブル突破も混ぜてくるしズラタンが起点になってるし。

 

 

札幌は相手が少なくなっても守備時の5-4ブロックは維持したまま。なので浦和も上記のプレーを多用しビルドアップが出来て攻め込めるという状況が続きます。

 

普通に考えたら相手2人少ないんだし、札幌は前線のプレッシャーの人数を増やして前から行けよと思うんですが、確かに見返してみると前から人数かけて行っても交わされて薄くなった中盤や守備陣がやられかねないという気もする。

  

終盤、さすがに浦和の運動量が落ちた頃に後半途中投入の小野からジェイへのアリウープが決まり2-0。

 

いやこの追加点は大きかった。これ無ければ浦和もまだセットプレーとかラストワンプレーで同点なんて希望もあっただろうし。

 

札幌はこの試合の為にユニフォーム柄のTシャツを来場者全員に配布、そのシャツを着て数日前からスポンサーの色んな店舗が営業してくれたり、選手も前日まで街頭からテレビ出演して来場を呼び掛けたりクラブ全体でこの浦和戦に懸けてたんで勝ててホントに良かった。

 

 

 

 
f:id:mobconsa106:20170731081819j:image

ストック写真、ロイヤリティフリー写真、最新の報道写真 | Getty Images

大挙してやって来た浦和サポ、試合後は荒れるのかなと思いきや9人で走り切った選手達を励ましていたそうでちょっと感動しました。

 

やっぱり浦和戦は熱く盛り上がるので何としても残留してまた来年やりたいですね。

 

ウチとの対戦は終わったのでこっから復調して他の下位チームを叩いて欲しいところです。 

 

他にもたくさん書きたいことがあるが今日はこの辺で。